気付きマーケティング研究所

生活者意識の最新トレンドや、話題のビジネスモデルに対する気付きを発信していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
最近「大人の○○」と銘打った商品が次々に登場しています。
「大人のワンダ(アサヒ)」「大人のスイーツ(ローソン)」「大人の家庭教師(トライ)」「大人の超合金シリーズ(バンダイ)」などなど、様々なジャンルで“大人向け商品”が登場し、これが結構人気だそうです。

この“大人向け商品”の特徴は、今まで若者層や子供向けの商品だったものを大人仕様に衣替えし、「おとなの○○」とネーミングすることで、中高年層にとっての「懐かしさ+上質感」を刺激し、新しい需要を創出している点です。
例えばバンダイの「大人の超合金シリーズ」では、0系新幹線など実在の乗り物を題材にし、本物志向のもとリアルな再現性や作りこみのクオリティを高め、7万円超えの高額商品がありながらも累計2万個を超えるヒットとなったそうです。別の意味での大人買いですね。

こうした「大人商品ブーム」の背景には、少子高齢化による子供・若者人口の減少と、彼らの消費意欲の減衰傾向があると思います。
平成25年の新成人人口は122万人で全人口に占める割合は0.9%、10年前に比べて30万人も減っています。また、若者が消費しなくなったという話題はここ数年来、至るところで耳にする話題です。
そのため、人口ボリュームが大きく、消費余力の高い大人世代を狙うのは企業にとって当然の成り行きでしょう。

実はこの「大人商品ブーム」ですが、このブームを支えているのは男性であるという点も面白い現象です。
どうも「懐かしさ・あの頃プレイバック」を起点にして消費意欲が喚起されるのは男性の特性のようです。私も通販番組で「懐かしのフォークソング大全集」を衝動買いしちゃいました(苦笑)。

恋愛においても、いつまでも別れた彼女に未練たっぷりなのは男性で、女性は別れた途端に前の彼氏を忘れてしまうそうですが、こうした習性も「大人商品市場=男性市場」を形成しているのかもしれませんね。

何はともあれ、長引く景気低迷の日本経済の中で、”今こそ大人の出番!”として積極的に消費を牽引して欲しいものです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。