気付きマーケティング研究所

生活者意識の最新トレンドや、話題のビジネスモデルに対する気付きを発信していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
11月1日に日経トレンディが「「2012年ヒット商品ベスト30」を発表しました。
1位の東京スカイツリーは別として、全体的には「これが?」というランキングでした。
私も仕事柄、新商品やヒット商品には常にアンテナを張っていましたが、今年は大ヒットした商品なんて無いんじゃないかと正直思っていました。
念のため、発表されたベスト10を記載しておきますね。

1位 東京スカイツリー
2位 LINE
3位 国内線LCC
4位 マルちゃん正麺
5位 フィットカット カーブ
6位 JINS PC
7位 おさわり探偵 なめこ栽培キット
8位 キリン メッツ コーラ
9位 街コン
10位 黒ビール系飲料

7位の「おさわり探偵 なめこ栽培キット」はさすがに知りませんでしたが、それ以外の商品はなんとなく見聞きしたことがある商品です。しかし、どれもベスト10に入るほど大ヒットしたという印象はありませんでした。

日経トレンディ編集長が記者会見で話していましたが、今年のヒット商品の特徴は「今まであった商品を付加価値化した商品」だそうです。確かにベスト10の中にはそうした付加価値型商品が多く見られます。しかし、「付加価値型商品」はその字のとおり現在価値に何かを加えることで、“ちょっと良くなる・ちょっと便利になる”というものであり、そこには時代や生活を大きく変えてくれるダイナミズム感がありません。そのダイナミズム感が感じられないことが今年のヒット商品ランキングの「?」の原因なのかもしれません。

もうひとつ言えるのは、ヒット商品の賞味期限が短くなってきているということです。
ベスト4以下のどの商品をみても「そういえばちょっと前に流行ったよなぁ」という感じがして、今もイケテルという感じがしません。日々さまざまな商品が登場し、メディアが瞬発的に採り上げるという情報環境においては、ヒットの賞味期限を1年間もたせるのが大変な時代になったのでしょう。

景気の“気”は気分の“気”だとよく言われます。
こんな不景気の時だからこそ、私達の気分をもっとワクワクさせてくれる、変化のダイナミズム感溢れる商品の登場を期待したいものです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。